環境教育プログラム活動報告

河川環境楽園(木曽川水園・自然発見館)

自然発見館では1年を通してさまざまな環境教育プログラムを実施しています。
ネイチャーイベントは、身近な自然をテーマに、6つのカテゴリー<観察する、工作する、遊ぶ、食べる、調べる、感じる>を通して、「もっと自然をたのしんじゃおう!」と企画した環境学習プログラムのイベントです。
春夏秋冬さまざまな環境学習プログラムを展開しています。家族やお仲間でぜひご参加下さい。
ここでは、実施されたプログラムの一部をご報告いたします。

2021年度の報告プログラム

秋の木曽川の生きものさがし 〇日にち 2021年11月3日(水)
概要:木曽川の支流に入ってタモロコやシマドジョウなど秋の川の生きものを採って観察しよう!採り方も伝授します。
室内でみんなで生きものが川のどこにいるかを予測したり、道具の使い方のレクチャーを受けました。 川に着いて、生きものさがしのコツを確認してから、それぞれガサガサにチャレンジしました。
(1)室内でみんなで生きものが川のどこにいるかを予測したり、道具の使い方のレクチャーを受けました。 (2)川に着いて、生きものさがしのコツを確認してから、それぞれガサガサにチャレンジしました。
どんな生きものがいたか確認しました。「こんな大きなモクズガニもいたよ!」 コメント
先月から日照りが続き、川は渇水状態でしたが、めげずにみんなでガサガサにチャレンジしました!大きなモクズガニだけでなく、イシガメも発見することができ、普段目にできない多くの生きものを見つけることができました♪
(3)どんな生きものがいたか確認しました。「こんな大きなモクズガニもいたよ!」
【年間会員】やちょうクラブ 〇日にち 2021年11月7日(日)
概要:木曽川水園内の野鳥や、時には、海や森などの野鳥を観察しに行き、野鳥について、楽しく学びます。
ねぐら入りってなんだろう?室内でレクチャーを受けました。 日没時間前から、少しずつ変化する野鳥の動きを観察しました。
(1)ねぐら入りってなんだろう?室内でレクチャーを受けました。 (2)日没時間前から、少しずつ変化する野鳥の動きを観察しました。
ねぐらに次々に入って来るセグロセキレイを観察しました。 コメント
夕方に集合して、ねぐら入りする野鳥の観察にチャレンジしました!明るいうちから鉄塔に集まってくるカワウや、次々にねぐらに飛び込んでくるセグロセキレイなど、この時間しか観られない姿を観察できました!
(3)ねぐらに次々に入って来るセグロセキレイを観察しました。