環境教育プログラム活動報告

河川環境楽園(木曽川水園・自然発見館)

自然発見館では1年を通してさまざまな環境教育プログラムを実施しています。
ネイチャーイベントは、身近な自然をテーマに、6つのカテゴリー<観察する、工作する、遊ぶ、食べる、調べる、感じる>を通して、「もっと自然をたのしんじゃおう!」と企画した環境学習プログラムのイベントです。
春夏秋冬さまざまな環境学習プログラムを展開しています。家族やお仲間でぜひご参加下さい。
ここでは、実施されたプログラムの一部をご報告いたします。

1月の報告プログラム

和紙の凧づくり ○日にち 2020年1月4日(土)~6日(月)
概要:和紙で簡単な凧をつくってみましょう!
(1)指導員から作り方を教わって、凧づくり開始! (2)形を整えたら、思いおもいに絵を描きました♪
(1)指導員から作り方を教わって、凧づくり開始! (2)形を整えたら、思いおもいに絵を描きました♪
(3)完成!予想以上に揚がる凧に歓声が上がりました♪ コメント
予約不要で、ふらっと立ち寄られた方にも体験いただきました。初めて障子紙をさわる子どももいましたが、みなさま完成させて、凧揚げもされていきました!凧揚げは、風の強さにも左右されましたが、15m以上揚がったときは大歓声があがりました♪
(3)完成!予想以上に揚がる凧に歓声が上がりました♪
野生動物探偵団!
~痕跡さがしと自動撮影カメラ~
○日にち 2020年1月19日(日)
概要:探偵になって、痕跡を手掛かりにだれがどんな行動をしているか解いてみましょう。自動撮影カメラもしかけて本人が写るか挑戦だ!
(1)指導員に痕跡さがしのコツを教わると、参加者からもあちこちで痕跡発見の声があがりました。 (2)モグラ塚の隣にあった木の板をどけるとトンネルを発見!指も入る!子どもたちも興奮気味でした♪
(1)指導員に痕跡さがしのコツを教わると、参加者からもあちこちで痕跡発見の声があがりました。 (2)モグラ塚の隣にあった木の板をどけるとトンネルを発見!指も入る!子どもたちも興奮気味でした♪
(3)最後は、みんなで3台の自動撮影カメラを相談して設置しました。次回、写っているか確認します。 コメント
クモの卵に始まり、モグラ塚やトンネル、獣道、イタチのフン、タヌキのタメフンなど様々な痕跡を発見できました!大人も子どももみんなで相談して設置した自動撮影カメラには、何が写っているでしょうか?次回が楽しみですね♪
(3)最後は、みんなで3台の自動撮影カメラを相談して設置しました。次回、写っているか確認します。