自然発見館周辺の自然情報

河川環境楽園(木曽川水園・自然発見館)

自然発見館周辺の木曽川水園の河や森では、四季折々自然の営みが見られます。
生きものが生きているその瞬間を探しに、散策してみませんか?
ここではそんな一瞬を切り取って皆さんにお伝えします。 ぜひ、足を運んでみてくださいね。

2021年12月の様子

ヒメガマ カモの求愛行動
ヒメガマ
(1)木曽川水園下流エリアのヒメガマの実が破裂するようになります。中から綿毛付きの種子があふれ出し、風が強く乾燥した日は、たくさんの種子がフワフワと飛びます。
カモの求愛行動
(2)木曽川水園下流エリアに、たくさんのカモが飛来します。忙しなくアピールするオスの姿や、互いにダンスするペアの姿などが頻繁に観られます。
ニュウナイスズメ センダンの実
ニュウナイスズメ
(3)例年、寒くなる頃に飛来し、芝生広場周辺や下流エリアで、特に夕方頃に頻繁に観られます。「チー…」というスズメより少し高い声が聞こえたら彼らかもしれません。
センダンの実
(4)木曽川水園周辺に多く見られ、黄色く熟した実がとても目立ちます。カラスやヒヨドリなどの野鳥が食べに飛来したり、落ちた実はタヌキなどの動物も食べに来ます。